Menu

そろそろYoutubeライブ配信

そろそろYoutubeでライブ配信をしたいと思っている人たちも多くいらっしゃることでしょう。しかし、実際に方法がわからないという方々もいるでしょうし、ハードルが高いと思っている人たちもいます。

Youtubeのライブ配信って、簡単に出来るものなのでしょうか。実は、あなたが想像している以上、Youtubeのライブ配信はとても簡単なのです。

AZAでライブ配信を始めよう

YoutubeLiveとは

YoutubeLiveとは、Google社が運営している安心して利用することができる、Youtubeのライブ配信サービスのことです。無料なのに、ハイクオリティーの画質配信をすることができます。

更に、放送中の番組を最初から視聴すること出来る機能があります。 配信録画の保存期間が無期限でOK、更に、YoutubeLiveには、スーパーチャットという視聴者から配信者へのお金寄付システムがあります。

YoutubeLive以外のサービス提供を使用した場合、 ある程度期日が来れば、自動的に削除という事態になってしまうことが多くあります。まさに知らないうちに削除されていた……なんて信頼が喪失してしまう原因ではないでしょうか。YoutubeLiveならば、いつでも好きな時に安心して、見返すことができます。

YoutubeLiveの方法

YoutubeLiveのライブ配信の方法は、いたって簡単です。 ただし、YoutubeLiveをスタートするためには、パソコンが必要、あと、 マイクやウェブカメラなどの周辺機器は用意することになります。

そして、配信ソフト(キャプチャーソフト)が必要。配信ソフト(キャプチャーソフト)とはなんなのでしょうか。

配信ソフト(キャプチャーソフト)は、 キャプチャーソフト「Obs」などのことです。キャプチャーソフト「Obs」は、無料で使用することができます。ゲーム配信はもちろん、ゲーム実況動画作成にも使うことができる結構、レベルの高いソフトだと思いますよ。

無料だから、多くの人たちが既に利用して信頼度も抜群です。

そして、Youtubeアカウントが必要です。Youtubeアカウントは、Youtubeが提供する配信機能なので、当然必要です。ただし、 Googleアカウントがあれば、そのまま簡単に開設することができます。

YoutubeLiveをスタートするためには、Youtubeチャンネルを開設、 Youtubeにアクセスして、ログインします。

ログインしたら、右上のアイコンをクリックし、表示されるメニューから「チャンネルを開設」をクリックします。

「クリエイターとしての一歩を踏み出しましょう」という画面が出たら、「始める」をクリックします。

教育現場でライブ配信がスタート ここに格差が生まれるかも

ライブ配信であれば、遠隔地でも授業を受けることができます。まさにへんぴなエリアで、少人数で授業しなければならないという問題も解決することができますよね。

授業のライブ配信を実現することができれば、もっともっと大きな共同体を作ることができるかもしれません。東京で、小学一年生にライブ配信、先生はたった一人、たった一人でも東京の小学一年生に対して、ライブ配信であれば悠々と教育することができます。こんなことは、実際に実現するとはちょっと以前の時代では思っていなかったのではないでしょうか。

時代は確実に未来に向かって進化していると言っていいでしょう。

注目されているEdTech

EdTechとは、Education(教育)とTechnology(テクノロジー)を合わせた造語 です。Education(教育)は、 Technology(テクノロジー)によってどんどん進化して続けています。

もちろん、その進化に、先生も、生徒もついていかなければなりません。

いま、どんどんライブ配信を取り入れた授業がいろいろな方法で展開しています。Skype英会話や、小中高生向けのスタディサプリ、タブレットを使用した予備校のLIVE授業、また、社会人の人たちを対象にしたリカレント教育と言ったものがあります。

なぜ、現在、授業のライブ配信が注目されているの?

まだまだ、完全ではないといういい方が出来るかもしれませんが、子供さんでも、スマートフォンやパソコンを持つ時代になったと言うことができます。だから、安易なモチベーションで、授業シーンをライブ配信で……という提案もしやすいということができます。

そして、学校でも、タブレット端末が整備されはじめている傾向も高くなっています。

授業の差が出てしまうかも……

ただし、教育現場が実際にどうなっているのか、更にリサーチが必要ですが、とても環境のいいパソコンシステムでライブ配信を受けている子供さんと、小さいスマートフォンで授業を受けている子供さんがいれば、同じ授業シーンを受信することができていると言うものの、どんどん授業理解度の差が出てきてしまうのではないでしょうか。

また、子供さんの中には、家の中では、落ち着いて授業を受ける環境がないという人たちもいるでしょう。

義務教育という視点に立てば、そのような不公平も、確実に解消していかなければなりません。

同じ教室で授業を受けている分には、誰もが同じ立場で勉強していることになりますが。
メリットと同時に、デメリットも含めてライブ配信導入は今後しっかり討論しなければならないでしょう。

新着記事