Menu

テレワーク プラスαこのようなシステムを導入

最近、突然リモートワーク、また、テレワークに参加しなければならない事態に遭遇してしまった人たちもいらっしゃることでしょう。慣れないから、リモートワーク、テレワークと言われても何をしていいかわからないという人たちも多いと思います。

テレワークとは、テレ(tele)には遠くという意味合いがあり、ワーク(work)は仕事です。テレワークは、遠隔地でする仕事という意味合いになりますが、もう少し詳しいいい方をすれば、情報通信技術を活用した時間&場所を有効に活用できるフレキシィブルな働き方ということになります。

勤怠管理できるシステム

企業がテレワークを本格的導入のためには、勤怠管理できるシステムもあると非常に便利です。

パソコンでの画面において監視する方法、ツールもありますが、何か社員が監視されているようなあまりいい気持がしないかもしれません。そもそも、会社とは人を管理するシステムなのでそんな甘いことは言ってられないという意見もありますが。

ただし、始業時や終業時にメールやチャットで報告するという方法を採用しているところもありますので参考にしてください。

テレワークに使う機器

今後、リモートワーク、テレワークと真剣に向き合うため使用する機器についての配慮も当然必要です。企業は、必要不可欠なデバイスを支給する姿勢が大事です。ただし、そこには膨大な予算がかかってしまうことになりますので、どうしても社員の持ち物に依存してしまうスタイルは出てきてしまうでしょう。

「MDM(モバイルデバイス管理)」や「EMM(エンタープライズモビリティ管理)」

また、企業は、利用方針、必要とされるアプリを一括管理するため、「MDM(モバイルデバイス管理)」や「EMM(エンタープライズモビリティ管理)」というシステムで管理するといいでしょう。

今後、もっとセキュリティーリスクについても考えていかなければならないことがあるでしょう。手元に情報を残さない「セキュアブラウザ」とか、データを暗号化しやりとりする「セキュアコンテナ」というツールも有効的に活用できるのではないでしょうか。

外部からの電話連絡に対応するため、「クラウドPBX」も有効的に活用することができます。「クラウドPBX」を使用すれば、スマートフォンを内線電話化し、オフィスにかかってきた外線電話を転送することができます。

新着記事