Menu

ライブ配信に欠かすことができないWebカメラ

ライブ配信に欠かすことができないアイテムはカメラです。Webカメラは、パソコンを使用して、 ビデオ通話をしたり、ゲームのプレイ動画を配信するとき、おおいに活躍してくれるアイテムです。

Skypeでの通話でも、オンライン英会話レッスン、またテレワーク、更に、ペットが家の中で健康に過ごしてくれているのか、遠方からチェックするためにも有効的アイテムです。

Webカメラはどのように選択すればいい?

ライブ配信、また、いろいろな用途でWebカメラ需要が非常に高い現状ですが、Webカメラは果たして、どのような基準で選択すればいいのでしょうか。まず、Webカメラの基準は、画素数で画質を確認してから決めるというのがいいでしょう。

大方既に理解している人たちも多いと思いますが、画素数は、1枚の画像がいくつの点でつくられているかを示しています。数字が多いほど、ハイクオリティーの画質ということになります。

Webカメラで、会話を楽しみたい程度であれば、最低でも100万画素以上あれば良し、そのようなものを選択しましょう。

またハイクオリティーを意識したい……という人たちは、 200万画素以上、更に、 300万画素あると全然ストレスはないと思いますよ。

フレームレート(fps)の大きさで選ぶ

また、フレームレート(fps)の大きさで選ぶという方法があります。フレームレート(fps)というものは、 カメラが1秒間に何枚画像を出力できるのかに関しての数値です。

ライブ配信では、できるだけ動きのあるものをスムーズにとらえることができるといいですよね。フレームレートが15fps以下のものを選択してしまうことで、なんだかカクカクしている感じでスムーズさがありません。

でも、この程度でも、最低レベルの会話はすることができるでしょう。ペットの監視のためWebカメラを購入したいという人たちは、30fps程度でほとんど問題はないでしょう。

スムーズなカクカクしない、ライブ配信を楽しみたいとういう人たちには、30fps以上を選択していただきたいですね。

機能はどんな感じか……

そして、Webカメラには、どのような機能がついているかしっかりチェックすることも大事なポイントです使うシチュエーションや人数によって、いろいろ求めている機能も違いがあるでしょう。

Skypeや配信などに使用したい方や、複数人で利用したい場合には、マイクが内蔵されているアイテムがいいでしょう。オートフォーカス機能や夜間モード付き……、 などいろいろな機能があります。

新着記事