Menu

リモートワークスタート デスクトップとノート二台用意

新型コロナの影響で、はじめてリモート配信という方々もいらっしゃることでしょう。メディアでは、リモート配信、リモート配信と頻繁に言われていますが、実際にはまだ何をどうしていいかわからないという人たちがほとんどではないでしょうか。

リモートワーク、また、テレワークを導入する企業も増えている現状があります。 新型コロナウイルスが終息したあとも、まさに、リモートワーク、テレワークは、ひとつの仕事の選択肢として、今後根付いていくことになるでしょう。なぜなら、新型コロナウイルスで拍車がかかったものの、そのような発想は既にあったからです。ですから、新型コロナウイルスの影響で突然わっと盛り上がったのです!

パソコンは必須アイテム

ライブ配信において、パソコンは必須アイテムです。できれば、パソコンはデスクトップと、ノート二台持っているというのがいいでしょう。

デュアルモニターにすることで、作業をもうひとつの画面で行うことができるという利点を持つことができます。

ライブ配信は、ひとつの場所で出来るものですが、毎回閉鎖的場所でライブ配信というのは、ちょっと作業がつらく感じてしまうことでしょう。企業という共同集団では、そのようなことをなかなか感じなかったのに、一人でライブ配信という場合はそれを感じて非常に縛られている窮屈な感じになってしまうことがあります。

そのようなとき、別のスペース空間でも出来るようにノートパソコンを用意しておくといいでしょう。

パソコンは故障するもの

そして、パソコンは残念ながら故障するものです。今後、真剣にリモートワークと向き合う時代が来るとしたら、故障した時にどうすればいいか……というリスク管理までしておかなければならないでしょう。

デスクトップと、ノートパソコン二台とりあえず持っていれば、デスクトップが壊れてしまった時には、ノートパソコンでとりあえず作業することができますよね。あまりひとつの機械に依存しすぎては非常にデメリットは大きいです。

いままで企業で仕事をしている分には、故障した時には、企業任せにしておけば良かったのですが、個人のお宅でパソコンを管理している以上、そういう訳にはいかないでしょう。

そして、すぐにパソコン修理をすることができればいいですが、一度修理に出せば、なかなか簡単には戻って来ないことも多くあります。

パソコン修理業者もしっかりチェックしておくといいでしょう。

新着記事