Menu

教育現場でライブ配信 人間関係は教育できる??

教育現場でもライブ配信というニーズはまさに高まっていると言っていいでしょう。今後、ライブ配信よりにもっと時代はなっていくのでしょうか。しかし、そこにあるのは、生の人間関係ということではありません。やっぱりひとつのスペース空間に人間たちは集まらなければならないということで、教育現場でライブ配信というモチベーション、新型コロナがある程度収まればスローモードになってしまうことかもしれません。

ライブ配信、ライブ配信というもののライブ配信には、必ずデメリットも存在します。

ライブ配信のデメリット

ライブ配信、ライブ配信と、ライブ配信はとても現在ニーズがアップします。ライブ配信で授業が行われているのなら、いちいち学校へ行く必要はありませんよね。朝遅くまで寝ることができると賛同している子供さんもいるかもしれません。まさに、授業シーンで使用されるライブ配信は合理化のスタイルです。

実際につらい思いをして、いちいち学校へ出かけていく必要などないのです。いちいち学校へ行く必要がないと言うことは、生徒たちが直接交流することがなくいじめ問題もなくていいかもしれませんが。

義務教育の現場ではなく、大学ではより、積極的にライブ配信というモチベーションを高めている感じがします。大学は、義務教育ではありませんので、ライブ配信をしっかり聞く、聞かないは生徒に任せておけばいいのです。全く悪い方法ではないと言えます。

しかし、小学校などでライブ配信を積極的に導入することで、真剣に聞かない子供さんを管理することがなかなか出来なくなってしまうでしょう。また、それを測る方法が、テストだというかもしれませんが。果たして、子供さんの頃から、インターネットに触れさせて、インターネットの向こう側にバーチャルのコミュニケーションを作ることが正しい
ことなのでしょうか。

ただし、緊急事態に、このようにライブ配信が普及するのは、とてもいいことだと思いますが。

まさに、はじめて、ライブ配信が有効的に使われているという感じもあります。

教育現場はリアルな人間関係を学ぶところ

いままで子供さんたちは、家庭というコミュニケーションしか持っていなかったのです。
しかし、家庭というコミュニケーションだけ学べばいいということではありません。私達は、子供さんの頃から社会的コミュニケーションを教育現場で学んでいかなければなりません。

果たして、ライブ配信にそれが出来るのでしょうか。

新着記事